椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

腰痛を繰り返し、力を入れて急激に腰をひねる動作を繰り返すと、椎間板の髄核を包んでいる線椎輪に裂け目ができ、膨隆したり、あるいは、中の髄核で突出したりします。

これが椎間板ヘルニアです。

 

                 tsuikanbanherunia.jpg

 

この椎間板ヘルニアは、腰痛の中でもとても厄介なものの一つと考えられていますが、実はヘルニアになっているのに生涯、腰痛、下肢痛などの症状が出ない人が、かなりの数でいるそうです。とても不思議ですね。

推測するに、ヘルニアがあること自体が問題なのではなく、体がヘルニアに順応しているかどうかが問題なのです。

昔、手術中にメスを体内に入れたまま腹部を縫いあわせたり、戦争中に撃たれた弾が、体内に残ったままになっていた人が、健康に暮らしているケースがあったことと同じように、体内に異物が存在していても、それに完全に体が順応してしまえば、健康と同じなのかもしれません。

体は生命活動をより良く行うために、損傷部分や異物に対して「修復」、「適応」、「排除」を毎日、毎日絶えず行っています。その3つが充分行えるには、体全体、そして部分部分の「機能」と血液、髄液、リンパ液などの体液が滞りなく流れることが必要なのです。

そういう意味では、いったんヘルニアになっても、腰が健康になれるのです。

病院で椎間板ヘルニアと診断され「手術が必要です」と言われたのにも関わらず、当センターで 体の「機能」と「循環」を改善することによって、よくなった方がこれまで、たくさんいました。

ただし、本当に手術が必要な方もありますので、楽観視はできません。椎間板ヘルニアになると場合によっては、人生を変えてしまうほどの大きな問題にもなるので、注意深く接していきたいと思います。

当センターでは、まず手術が必要かどうかを見極めて、椎間板ヘルニアの原因となった行動、姿勢の分析と改善法アドバイス、腰にたまったストレスと椎間板にかかった過剰な圧力の解放、 そしてストレイン・カウンターストレイン療法をはじめとする体に負担をかけない施術で体液の 「循環」を改善し、筋肉、靭帯のバランスと「機能」を整えることで対応します。

 

subtitle_note1.gif

 

 

<腰痛について メニューに戻る>