腰が詰まった感じがする。

いわゆるインナーマッスルと呼ばれる大腰筋の左右両方が緊張しすぎると、腰骨を引っ張り、腰の前弯が強くなります(いわゆるでっちりの状態です。)。

その結果、腰骨と骨盤の間が狭くなり、「腰が詰まった感じがする。」になります。

長年この状態が続くと、「すべり症」「分離症」「分離すべり症」「椎間関節症」などにもなりやすくなると言われています。

daiyoukin7.jpg

では、大腰筋がなぜ緊張しすぎてしまうのかというと、

@ 姿勢の問題(猫背あるいはおしりを付き出す姿勢などのくせがある。)

A 腎臓の問題 (腎臓と大腰筋は非常に近い位置にあるので影響を受けやすい。)

B 横隔膜の問題 (横隔膜と大腰筋は拮抗筋の関係にあるため。)

C 大腰筋の筋力低下がある。 (詳しい説明はこちらへ)

D その他

などの問題が考えられます。