腸骨筋性腰痛

腸骨筋性腰痛

よくある症状として、「臀部の奥が痛い」があります。
体型によっては、下腹部に痛みを感じる場合もあります。
腸骨筋というのは、

                         illus_shoujou_youtsuu_choukotsu.gif


上図のように骨盤と内臓との間にあるので、直接触れることは、難しい場所にあります。

そのために、施術者にとっては、施術しづらいので、治療院を転々とする方が多いのでしょう。

このタイプの方は、「ストレイン・カウンターストレイン療法」「操体法」が、特におすすめです。

(かくいう私もストレイン・カウンターストレイン療法、や操体法を学ぶ前までは、このタイプの治療が苦手でした。)

 

おすすめする理由として、この2つの療法には、深部筋(特に腸骨筋、大腰筋)の収縮を解除する方法があるからです。十数種類の他の療法を学びましたが、腸骨筋の収縮を直接とる方法はほとんどみかけませんでした。

 

subtitle_note1.gif

 

 

<腰痛について メニューに戻る>